相談のための準備

これから実際に弁護士と会って話をしたいと考えているならば、きちんと準備を整えておきましょう。何を準備するべきなのか紹介しましょう。

書類たとえばさまざまな資料を用意しておきましょう。すでに交通事故の被害にあってしばらく経っているならば、いろいろな書類を所持しているはずです。また、相手の保険会社から資料を送付してもらうように頼むこともできます。交通事故証明書や休業損害証明書、診断書、後遺障害診断書などいろいろな書類が存在しています

また、弁護士に対しては交通事故の具体的な状況や自分の被害などについて正確な情報を提供する必要があります。一体、何を弁護士に伝えたいのか、何を伝えるべきなのかをきちんと書面にまとめておくと良いでしょう。自分で口頭で伝えるよりもその書面を見せてしまった方が早く理解してもらえます。

相談をした結果として、実際にその弁護士に依頼したいと思ったならば、さらに具体的な打ち合わせをすることになります。今後どのようなことを準備するべきなのか聞いておきましょう。また、期限についても確認しましょう。

できるだけ正確な情報を弁護士に伝えることによって、これからのことについてしっかりと考えてもらうことができます。

弁護士の選び方

交通事故について弁護士に相談したいならば、どの弁護士に依頼をするのか決めなければいけません。まず、弁護士というのはそれぞれに得意分野があるものです。すべての弁護士が交通事故を得意としているわけではありません。このことはきちんと理解しておきましょう。たとえば弁護士事務所のサイトをチェックしてみれば、その弁護士の得意としている分野やこれまでの実績が表示されています。そちらを参考にすると良いでしょう。

電車また、事務所がどこにあるのかも調べておきましょう。ネット上でメールのみで打ち合わせをすることは不可能ではないですが現実的ではありません。やはり実際に会って話をすることが大切です。そのためには、できるだけ自宅の近くにあり気軽にアクセスできる場所にある弁護士事務所を利用するべきでしょう。できれば同じ都道府県内にあり、近隣の市区町村にある弁護士を頼るべきでしょう。

実際に会って話をしてみることも大切です。そのため、無料相談ができるならば、その機会を利用しましょう。自分にとって話しやすい相手であることは大切です。そのような相手ならば、自分の状況を細かく伝えることができます。自分のためにしっかりと仕事をしてもらえるでしょう。

相談料や着手金

交通事故の件で弁護士に相談をする際にはどのような費用がかかってしまうのか気になる方は多いでしょう。まず最初に相談をする際には、相談料がかかる場合と無料の場合があります。できるだけ費用を抑えたいならば、相談料が無料となっているところを利用しましょう。現在、多くの弁護士事務所では無料の相談を実施しています。相談をしてから、実際にそちらに仕事を依頼するかどうかを決めることができるのです。

お金また、相談料だけではなくて、その他の費用についても注目してみましょう。たとえば実際に仕事をしてもらう際に着手金がかかる場合があるため注意しましょう。さらに無事損害請求をすることに成功した場合には、弁護士報酬を成功報酬として支払うことになります。こちらは弁護士が自由に決められるようになっています。そのため、それぞれの事務所ごとに金額が大きく異なります。この点は注意してください。

さらには必要経費が請求されることもあります。たとえば交通費や通信費、収入印紙代といったものがあります。必要経費の取扱がどうなっているのかも調べておきましょう

相談の際には費用面についてきちんとチェックしておくべきです。相談料や着手金については無料のところが増えています。

交通事故の相談

交通事故交通事故の被害にあってしまう方は今でもたくさんいます。交通事故の件数は昔よりも減っているのですが、それでも年間に数千人という方が交通事故で死亡しているのです。また、これからは高齢化の時代となるため、高齢者による交通事故が増えてしまう可能性があります。人は年をとるとさまざまな機能が衰えてしまいます。その結果として、これまで通りに運転することができなくなってしまう方も出てくるのです。そのような方が交通事故を起こしてしまうというケースはたくさんあります。ニュースでもよく話題になっているでしょう。本来であればまともに運転をすることができなくて免許を返納するべきはずの高齢者がそのまま運転を続けているというケースも見られます。高齢者の運転する車が若者に衝突してしまうという事件がたくさんあるのです。

このようにこれからの時代もいつ交通事故の被害にあってしまうのか分かりません。磁土運転の技術もまだ発展途上であり、これからも基本的に人間が車を運転する時代が続くでしょう。そのため、交通事故の被害にあったときのことを想定しておくことは大切です。

もし交通事故にあってしまったならば、弁護士に相談をすることをおすすめします。そうすることでスムーズに問題を解決することができるのです。しっかりと損害請求ができるようになるでしょう。こちらではどのようにして弁護士に相談をすれば良いのか、弁護士への相談の際のポイントについてまとめています。